ZABBIX 6.0 LTSでYAMAHA RTXをSNMP監視する

RTXでSNMPを有効にする

RTXのサポートしているSNMPバージョン

公式:
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/snmp/index.html
各SNMPバージョン毎の設定例が記載されています。

RTX SNMP設定

RTX1100を例に設定します。
RTX1100はSNMPv1をサポートしています。

telnet 192.168.1.1
Trying 192.168.1.1…
Connected to 192.168.1.1.
Escape character is ‘^]’.
Password:
RTX1100 Rev.8.03.94 (Thu Dec  5 19:06:16 2013)
Copyright (c) 1994-2012 Yamaha Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (c) 1991-1997 Regents of the University of California.
Copyright (c) 1995-2004 Jean-loup Gailly and Mark Adler.
Copyright (c) 1998-2000 Tokyo Institute of Technology.
Copyright (c) 2000 Japan Advanced Institute of Science and Technology, HOKURIKU.
Copyright (c) 2002 RSA Security Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997-2004 University of Cambridge. All rights reserved.
Copyright (C) 1997 -- 2002, Makoto Matsumoto and Takuji Nishimura, All rights reserved.
Copyright (c) 1995 Tatu Ylonen , Espoo, Finland All rights reserved.
Copyright (c) 1998-2004 The OpenSSL Project.  All rights reserved.
Copyright (C) 1995-1998 Eric Young ([email protected]) All rights reserved.
Copyright (c) 2006 Digital Arts Inc. All Rights Reserved.
00:a0:de:30:76:44, 00:a0:de:30:76:45, 00:a0:de:30:76:46,
Memory 32Mbytes, 3LAN, 1BRI
>
> administrator
Password:

ZABBIXからのアクセスを許可

snmp host any

M1 MacBook AirのUTMのZABBIXから監視する為、NATが入る為にanyとしています。
実際の運用ではアドレスを指定します。

RTXでadministratorに移行した後のプロンプトは#ですが、ここではプラグインの問題で$を利用しています。

読み出し専用のコミュニティ名を”public”と設定

snmp community read-only public

トラップを送信するZABBIXのアドレスを192.168.64.110に設定

snmp trap host 192.168.64.110

トラップのコミュニティ名を”snmpv1trapname”に設定

snmp trap community snmpv1trapname
save

設定を確認

show config
:
:
snmp host any
snmp community read-only public
snmp trap host 192.168.64.110
snmp trap community snmpv1trapname

net-snmpをZABBIXにインストールする

sudo dnf install net-snmp
sudo systemctl start snmpd
sudo systemctl enable snmpd

net-snmp-utilsをZABBIXにインストールする

sudo dnf install net-snmp-utils

snmpwalk / snmpgetが使える事を確認する

snmpwalk -v 1 -c public 192.168.1.1 system
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: RTX1100 Rev.8.03.94 (Thu Dec  5 19:06:16 2013)
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.1182.1.28
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (2558966338) 296 days, 4:14:23.38
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING:
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING:
SNMPv2-MIB::sysLocation.0 = STRING:
SNMPv2-MIB::sysServices.0 = INTEGER: 12
snmpget -v 1 -c public 192.168.1.1  1.3.6.1.2.1.1.5.0
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING:

ホスト作成 Generic SNMPテンプレートをアサイン

ZABBIX 6.0 LTSでホストを新規作成し、SNMPインターフェースを作成。
SNMP Genericテンプレートをアサインします。

データ確認

SNMPで基本的なデータが取れている事が分かります。

RTX Private MIBファイルの配置

wget http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/mib/yamaha-private-mib.tar.gz
tar xvzf yamaha-private-mib.tar.gz -C /usr/share/snmp/mibs
sudo systemctl restart zabbix-server

/usr/share/snmp/mibsにPrivate MIBを解凍して配置します。

pwd
/usr/share/snmp/mibs
.
ls -a | grep yamaha
yamaha-product.mib.txt
yamaha-rt-firmware.mib.txt
yamaha-rt-hardware.mib.txt
yamaha-rt-interfaces.mib.txt
yamaha-rt-ip.mib.txt
yamaha-rt-switch.mib.txt
yamaha-rt.mib.txt
yamaha-smi.mib.txt
yamaha-sw-bridge.mib.txt
yamaha-sw-errdisable.mib.txt
yamaha-sw-firmware.mib.txt
yamaha-sw-hardware.mib.txt
yamaha-sw-l2ms.mib.txt
yamaha-sw-loop-detect.mib.txt
yamaha-sw-power-ethernet.mib.txt
yamaha-sw-rmon.mib.txt
yamaha-sw-termmon.mib.txt
yamaha-sw-vrrp.mib.txt
yamaha-sw.mib.txt

snmpwalkでPrivate MIBを確認する

snmpwalk -v 1 -c public 192.168.1.1 -m /usr/share/snmp/mibs/yamaha-rt-interfaces.mib.txt
RFC1213-MIB::sysDescr.0 = STRING: “RTX1100 Rev.8.03.94 (Thu Dec  5 19:06:16 2013)”
RFC1213-MIB::sysObjectID.0 = OID: YAMAHA-SMI::yamahaProducts.28
RFC1213-MIB::sysUpTime.0 = Timeticks: (2559524478) 296 days, 5:47:24.78
RFC1213-MIB::sysContact.0 = “”
RFC1213-MIB::sysName.0 = “”
RFC1213-MIB::sysLocation.0 = “”
RFC1213-MIB::sysServices.0 = INTEGER: 12
RFC1213-MIB::ifNumber.0 = INTEGER: 2516
RFC1213-MIB::ifIndex.1 = INTEGER: 1
RFC1213-MIB::ifIndex.2 = INTEGER: 2
RFC1213-MIB::ifIndex.3 = INTEGER: 3
RFC1213-MIB::ifIndex.4 = INTEGER: 4
RFC1213-MIB::ifIndex.139 = INTEGER: 139
RFC1213-MIB::ifIndex.140 = INTEGER: 140
RFC1213-MIB::ifIndex.141 = INTEGER: 141
:
:
:

テンプレートをアサインする

Zabbixのテンプレート集(RTX1200用とか)

上のサイトで配布されているテンプレートを利用させて頂きました。
RTX1100用はインポート時にエラーが発生したので、RTX1200用を使用しています。

データを確認する

以下データが取得出来ています。
・CPU負荷
・Firmware Version
・LAN1/2/3 IN//OUT ネットワークトラフィック
・アップタイム
・メモリ使用率

InboxTempは取得出来ていませんが、RTX1100のハードウェアが対応していないと思われます。
シンプルなテンプレートなのでLLDやSNMP trapはありません。

ネットワーク機器のSNMP監視

ZABBIX 6.0 LTSには様々なネットワーク機器のSNMPテンプレートが付属しています。
それらを利用して機器を監視する事が可能です。
YAMAHA RTXの様に、付属していない場合でもPrivate MIBの使用やテンプレートを作る事で対応可能です。

TwitterFacebookLinkedInHatenaPocketCopy Link
タイトルとURLをコピーしました